トピックス

防火ダンパー温度ヒューズの劣化(福岡市)

福岡市内のマンションにて換気ダクトの調査を実施しました。


上の写真のバタフライ型の弁は、防火ダンパーといって火災発生時、延焼を防ぐための弁です。
本来防火ダンパーは温度ヒューズで固定されていますが、経年劣化でヒューズが切れ、弁が勝手に閉じることがあります。
こちらのマンションでは既にヒューズが切れ、弁が閉じかけている部屋がありました。

換気のメンテナンスをお忘れなく!

トピックス一覧を見る
お問い合わせフォームはこちらお問い合わせフォームはこちら
お申し込み

お問い合わせ