トピックス

なぜ換気ダクト清掃が必要なのか?

緊急事態宣言の発表から3日が経ちました。
以前としてコロナの収束が見えない中、在宅を余儀なくされている方も多いと思います。

さて、本日は「なぜ換気ダクト清掃が必要なのか?」について書いてみたいと思います。

こちらはまさに今、東京都内でマンション一括ダクト清掃工事中の排気口の写真です。

少し汚れが見えますね。
ちょっと外してみましょう。

網の部分がホコリ完全に目詰まりしているようです。
排気口の裏も見てみましょう。

おびただしい程のホコリ汚れ!こうなるともはや排気口ではありません。ただのフタです。
これでは換気どころではありませんね。

更に、中を覗いてみると・・・。

ダクトの奥から出てきた部品。
さて、これは何でしょう?

これは防火ダンパーといって、火災が発生したときに被害を抑えるための弁、、、だったものです。鉄が劣化して崩れ落ちてしまっています。
これでは火災が起こった時、防火の効果は果たせません。

今回はダクト清掃に加え、防火ダンパー付の排気口に取替をさせていただきました。もちろんダクト内もこの通り徹底的に清掃済。

厚生労働省では今回のコロナウイルス感染予防の為、できるだけ換気をする事を推奨しています。
しかし、古いマンションでは換気効率が低下し、衛生面の悪化していても気づかないケースが多発しています。

「換気扇のスイッチをつけているから大丈夫」と安心せずに、しっかりと換気ができているか?定期的に確認しましょう。

トピックス一覧を見る
お問い合わせフォームはこちらお問い合わせフォームはこちら
お問い合わせ