トピックス

チャッキダンパーの不具合

チャッキダンパーとは、ダクト内についている、外部からの風の侵入を防ぐ弁のことです。台風やビル風などの強風対策にも効果的です。

しかし、アルミ製のチャッキダンパーの場合、年数がたつにつれ弁が錆びついて動きが悪くなることがあります。

動きが悪くなると、排気ができなかったり、弁が開きっぱなしで風が部屋内に入り込んできたりといった不具合につながります。

換気不良を起こす前に、早めの改善をお勧めします。

トピックス一覧を見る
お問い合わせフォームはこちらお問い合わせフォームはこちら
お問い合わせ