トピックス

エアロゾル感染と換気の関係

世界保健機関(WHO)は、新型コロナウイルスが、空気中を漂う微粒子「エアロゾル」を介しても感染する可能性を認めました。

特に換気が悪い人が密集した空間では、数十分にわたり、ウイルスが空気中を漂う恐れもあるようです。対策の一つとして「さらなる換気や過密防止策」を挙げています。

さらなる換気対策ってどんな事をするの?

ご家庭でできる対策として、以下の点を心がけましょう。
・浴室の換気扇を回し続ける。
・換気扇のフィルターをこまめに替える。
・給気口の掃除をする。
お部屋内では常に空気の流れを作って置くことが大切です。
マンションの場合、ベランダ側の窓と、反対側にある玄関側の寝室の窓を開けルコとで、お部屋全体の空気を入れ替えることができます。

ダクト清掃も立派な換気対策です。

マンションの換気ダクト、特に浴室のダクトは主に直径10cmの細い管で出来ています。ここにホコリがたまると換気効率は一気に低下し、空気の流れが悪くなります。5年に1回程度はダクト清掃を行い、室内の空気環境を整えましょう。

トピックス一覧を見る
お問い合わせフォームはこちらお問い合わせフォームはこちら
お問い合わせ